「シャネル爆買い」理事長夫人の私的流用で日本屈指のセレブ病院が破綻危機

社会週刊新潮 2019年4月18日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「セレブ病院」破綻は「理事長夫人」の過ぎたるシャネル(2/2)

 日本屈指の心臓専門病院である東京ハートセンター(東京・品川区)が、現在、経営状態の悪化に見舞われている。事情を知る従業員によれば、その原因は、遠藤真弘理事長の妻で常務理事の容子夫人(62)の乱脈経営にあるという。

 その事実が発覚したのは、東京ハートセンターが3年前に買収した「さいたま記念病院」の財務内容調査がきっかけだった。小学館の子会社も出資したこの病院を舞台に、容子夫人には5億円近い金額を私的流用した疑いが持ち上がっている。

 ***...

記事全文を読む