有村藍里 整形告白に見る芸能界向きのメンタリティ

エンタメ2019年3月7日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「早く人間になりたい」という決め台詞といえば、「妖怪人間ベム」だ。今年新作アニメが制作されるとのことだが、紅一点のベラが過去作と似ても似つかぬ美少女になっていて驚いた。同様に「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘も、いつのまにかキラキラした瞳の8頭身になっている。ともに人外の存在ながら、ルックス至上主義の現代人に合わせて作り変えられたかのような有様に、原作ファンとしては哀しみがある。

 こうして妖怪たちがこぞって美人になっている時代、人間界でも美容整形は昔ほどタブー視されなくなってきたようだ。...

記事全文を読む