反骨のアーティスト「アイ・ウェイウェイ」が寄り添う「難民の悲劇」

国際Foresight 2019年1月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 20世紀に入ってから消滅した国はたくさんある。また、国が崩壊した後に新しく誕生した国があるのも事実だ。世界は何度も地図を描き変えてきた。その歴史の変化の中で、いつも大量に発生しているのが「難民」である。

きれいな衣服とスマートフォン

 世界の難民問題を扱ったドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』(監督アイ・ウェイウェイ)の冒頭のシーンは美しい叙事詩のようだ。青い海原を映し出したスクリーンには、白い鳥が飛翔して行く。遠くに見える船影。...

記事全文を読む