「旬太郎トマト」がこんなにも甘い理由――かがやいてる、元気な農家

BrandVoice

  • 共有
  • ブックマーク

 トマトは野菜か、果物か――。皆さん、そんな疑問を持ったことはありますか? いずれに属するか、いろいろな意見があるものの、ナス科の植物であることは確かな事実です。今回は、そのトマト栽培の先進地域で知られる福島県西白河郡矢吹町三神地区の農家をご紹介します。

 この地区で栽培されている「旬太郎トマト」は、糖度が9.5以上という驚きの甘さを誇ります。通常、トマトの糖度は5、6度。イチゴやミカンが9度前後と言ったら、いかに甘いか、想像がつきます。フルーツトマトという表現もありますが、「旬太郎」は、甘さだけなら、果実の資格は十分といえるでしょう。...

記事全文を読む