カタール脱退「OPEC総会」開催!「協調減産」具体量は明示されるか

国際Foresight 2018年12月5日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 カタールが年明け1月1日付で「脱退」を通知したOPEC(石油輸出国機構)の定例総会が近づいてきた(12月6、7日、ウィーンにて開催)。

『フィナンシャル・タイムズ』(FT)が「注目すべき5点」なる記事を掲載していたので、取り急ぎ紹介しておこう。

「FT」が挙げているのは、「1.コンセンサス」「2.2014年の記憶」「3.サウジの難題」「4.ロシアを味方に」「5.減産の拡張」の5点である。

 おおむね異論はないが、最後の「5.減産の拡張」は、100%できない、と判断する。...

記事全文を読む