ベルリン・フィルの世界的指揮者が激怒… 人事の裏に「安倍昭恵」夫人

政治週刊新潮 2018年8月16・23日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 この6月まで、世界最高峰のベルリン・フィルの首席指揮者兼芸術監督を、16年にわたって務め上げたサイモン・ラトル(63)。そんな巨匠がいま日本に激怒し、欧米では大騒ぎになっている。そこには、あの女史の影も見え隠れして。

 ***...

記事全文を読む