驚異の視力6000!「アルマ望遠鏡」が迫る「惑星誕生」の謎

国際Foresight 2018年8月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 130億年前と言えば、宇宙が誕生してから8億年後のこと。もちろん地球も太陽もまだ存在していない。そんな遠い昔へ行ける「タイムマシン」があったら……。

 南米チリ・アタカマ砂漠の高地に建設された「アルマ」は、世界最大級かつ史上最高性能の電波望遠鏡だ。66台のパラボラアンテナを1つの巨大アンテナとして機能させることで、「視力6000」に相当する驚異的な解像力と桁違いの感度が実現。以前は観測不可能だった130億光年彼方まで観測することができる。

 2001年に日本の国立天文台と米欧の研究機関が建設プロジェクトを発足させ、22カ国・地域が参加のうえ、2013年に完成。...

記事全文を読む