「投資で1億円」? 夢見る前に知っておくべき「手数料」の落とし穴

ビジネス2018年7月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「AERA」の投資デビュー特集

 いまさら言うまでもないことだが、朝日新聞と安倍首相とは仲が悪い。朝日新聞出版が刊行している週刊誌「AERA」もまた同様で、巻頭のコラム等でもアベノミクス批判をよく目にする。
 それだけに「AERA」7月9日号には驚いた読者もいるかもしれない。「大特集」のタイトルは「今度こそ投資デビュー」。
 記事の冒頭には「政府も様々な制度で後押ししている今こそ、投資デビューするチャンスだ」とある。たとえば記事には、手持ちの現金100万円を投資に回すという女性(29)が登場する。...

記事全文を読む