野党はなぜいつまでも「モリカケ」なのか 構造的に「無能」になる理由

政治2018年7月2日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

不毛な国会

 日朝首脳会談が実現に向けて動き出そうと、関西で大地震が起きようと、国会で「モリカケ問題」を追及する。そんな一部野党の姿勢には、多くの国民が冷ややかな視線を送っているのだろう。野党の支持率は一向に回復しない。

「もっと大事な議論があるはずじゃないか。社会保障、安全保障、経済政策などについて本格的な議論がなぜできないのか」

 そう感じている人も少なくないはずだ。

 こうした声に対して、野党側の論理は「安倍政権のような不正直な姿勢の人たちとは議論できない」というものかもしれない。...

記事全文を読む