トヨタ・現場の「オヤジ」たち  中卒副社長誕生秘話

企業・業界2018年6月19日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 トヨタの現場には、尊敬をこめて「オヤジ」と呼ばれる人々がいる。大卒管理職ではなく、現場で技能を極めた、たたき上げの彼らの中から、副社長も生まれた――。
 現在、トヨタ自動車の副社長を務める河合満は、中学卒業後、15歳で技能者養成所に入所。入社後は本社工場鍛造部に配属され、主査、部長、副工場長を経て、2015年に技能職として初めて専務役員に就任した。副社長となった今でも工員と同じ釜の飯を食い、大浴場で裸のつきあいをする河合をはじめ、伝説の「オヤジ」たちの人の育て方、そして現場で働き続けることの喜びとは――。...

記事全文を読む