ホテルのボーイから電子キーまで:シンガポールで始まっている「米中情報戦争」

政治Foresight 2018年6月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 シンガポールの米朝首脳会談。陰の主役は中国だ。中国の習近平国家主席は、3月8日にドナルド・トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働委員長からの会談要請に2つ返事で同意して以後、北朝鮮との接触を急速に拡大してきた。

 米朝首脳会談開催でキーマンとなったマイク・ポンペオ米国務長官(前米中央情報局=CIA=長官)は過去2回訪朝したが、なぜかその2回とも、直前の3月25~28日と5月7~8日と、巧みに金委員長の訪中が急きょ組み込まれていた。ポンペオ訪朝は3月31日~4月1日と5月9日だった。...

記事全文を読む