100回記念で再確認する「天皇」「ヤマト」「日本人」の正体

国際Foresight 2018年6月11日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 連載もいよいよ100回だという。約8年、良くここまで続いたものだと思う。編集長・内木場重人氏、前編集長・安河内龍太氏の御尽力のおかげだ。

 そこで記念すべき今回のテーマは、ずばり「国際人のための古代史」にする。初心に戻り、日本人の正体を世界の人びとに説明するためのヒントを、まとめておこう。

守り通した「多神教信仰」

 日本人は、日本の歴史に無頓着だ。「なぜ天皇を推戴しているのか」「神道とは何か」と聞かれても、答えることはできないだろう。...

記事全文を読む