高解像度で日本代表を応援…?  NHKが突っ走る「8K」に疑問符

エンタメ週刊新潮 2018年5月31日号掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ようやくハイビジョンが浸透してきたかと思えば、今や家電店のテレビ売場を占めるのは解像度がその4倍に増えた「4K」。4Kってどれだけ凄いの、なんていってる内に、総務省やNHKでは今度はさらに上をいく「8K」が登場。

 特にNHKは8Kに本腰を入れる。12月からは世界に先駆けBSで実用放送を開始の予定。その前哨戦とばかり、来月開催のロシアW杯では「8Kでサッカー日本代表を応援しよう!」と、日本の初戦、19日のコロンビア戦を含む8試合を8Kで流す。臨場感を体感してもらうため、渋谷のNHKみんなの広場、グランフロント大阪など、全国6カ所に大画面パブリックビューイングを設けるそうだ。...

記事全文を読む