米朝首脳会談「中止」の衝撃(1)トランプ大統領「決断」の瞬間

国際Foresight 2018年5月25日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 ホワイトハウスは24日午前(日本時間同日夜)、ドナルド・トランプ大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に書簡を送り、シンガポールで6月12日に行うことになっていた米朝首脳会談を中止することを通告した、と明らかにした。

 トランプ大統領は書簡で「悲しいことだが、直近のあなた方の声明で示された敵対心や怒りに鑑みると、私は今、計画通りに会談することが適切だとは思わない」と述べた。これは北朝鮮が5月16日に金桂冠(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話、そして同24日に崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官の談話を発表し、米国を激しく批判したことを受けての判断と見られるが、その背景に北朝鮮の非核化のやり方をめぐる米朝間の根本的な姿勢の差が埋まりそうにないことを踏まえての会談中止と見られる。...

記事全文を読む