全米震撼「リアル版ゴーン・ガール事件」:日本メディア初登場「被害者2人」独占取材の舞台裏

国際Foresight 2018年5月3日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 周囲から「理想のカップル」と見られていた幸せそうな夫婦の結婚記念日に妻が忽然と姿を消し、警察に「誘拐」と訴え出た夫がいつの間にか「妻殺害」の容疑をかけられ――。デヴィッド・フィンチャー監督、ベン・アフレック主演で2014年に公開されたサスペンス映画『ゴーン・ガール』は、実は「誘拐」は夫の浮気に激怒した妻の「狂言」だったという衝撃の展開に多くの観客が熱狂し、日本を含め全世界で大ヒットした。

 その熱狂冷めやらぬ2015年3月、全米が映画さながらの「リアル版ゴーン・ガール」と注目した事件が起きた。...

記事全文を読む