金正恩「核・ミサイル中止宣言」の衝撃(下)「金ファミリー」傾斜と「取り残される」日本

国際Foresight 2018年4月24日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

 4月27日に迫った南北首脳会談は、米朝首脳会談へ向けた「準備会談」という性格を帯びてくるだろう。

南北では「終戦宣言」「非核化宣言」も

 韓国政府は(1)非核化(2)朝鮮半島の平和定着(3)南北関係の発展――を議題に考えている。このうち(3)の主要な中身は、開城工業団地や金剛山観光、南北交易の再開など経済問題になるだろう。ただこれは国連安全保障理事会の制裁下では実行できず、非核化協議を先行させるしかない。

 文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は、南北対話を米朝対話につなげることに成功した。...

記事全文を読む