「SMAP解散がなければ、絵が人生の一部にならなかったんじゃ」――香取慎吾と横尾忠則の対談が実現

芸能芸術新潮 2018年2月23日掲載

  • 共有
  • ブックマーク

「作家の香取慎吾です」との自己紹介で、元SMAPの香取さんが初の美術展参加を果たしたのは昨年10月のことだった。そんな香取さんと美術家の横尾忠則さんの対談がこのたび実現し、「芸術新潮」3月号に掲載される。かねてより「絵を描くのが好き」という香取さんが自作を持参して臨んだ今回、果たしてどんな言葉が交わされたのか――。81歳の横尾さんと41歳の香取さんのスペシャル対談から、その一部をご紹介しよう。

 ***...

記事全文を読む