ここまでカラー印刷は進んでいた 竹宮惠子初期アートを完全再現!

文芸・マンガ2017年11月15日掲載

 テレビがブラウン管から液晶になり、ハイビジョン放送が珍しくなくなった時、多くの人は、これが映像の最高峰だと思ったことだろう。しかし、間もなく4Kテレビが登場し、「ここまで綺麗じゃなくてもいいのでは」なんて思っていたら、すぐに8Kまでもが登場。また、映画でもIMAX上映が郊外の普通のシネコンで見られるようになった。日常的に目にする映像のクオリティは上るばかりである。

 その一方で、一見、進歩がさほどないように見えるのが「静止画」、つまり写真や絵画の印刷技術。

...

記事全文を読む