慶応大ハレンチ教授、妻も「事の重大さに気づいてほしい」 大学からは処分なし

社会週刊新潮 2017年9月21日菊咲月増大号掲載

「洗脳不倫」教授に余罪続々! 慶応大が目をつぶった「ハーレムゼミ」(下)

 授業を通して女子大生を「洗脳」し、不倫に従属させる……。そんな慶応義塾大学総合政策学部教授でイスラム法の権威である奥田敦教授(57)に対し、慶応大は見て見ぬふりを決め込んでいる。一種の「ハーレム」状態にあったという奥田研究会だが、教授には数々の余罪がある。一昨年にはその行いがハラスメント防止委員会に諮られるも、厳重注意を受けるのみだった。

 ***

...

記事全文を読む