慶応進学の「芦田愛菜」驚異の読書量 年間300冊

芸能週刊新潮 2017年8月17・24日夏季特大号掲載

〈良書を読むことは、過去の最もすぐれた人々と会話を交わすようなものである〉とは哲学者・デカルトの言だが、さしずめ芦田愛菜ちゃんは13歳にして、年に300人の賢人と話をしているようなものか。彼女が通う慶応義塾中等部も今は夏休み。さて、その読書リストとは。

 ***

 この春、慶応義塾中等部に進学した愛菜ちゃんが、難関校に受かった理由のひとつに、驚異の読書量があるという。精神科医で受験指導にも長年の経験がある和田秀樹氏によると、

...

記事全文を読む