デイリー新潮

社会

「頭の悪い女子大生は“モノ”扱い」東大集団わいせつ事件、最後の一人も執行猶予付き判決

現在発売中

  • 【特集】朝鮮半島炎上 米軍が北朝鮮を「先制攻撃」するXデー
  • 中国のアパホテル攻撃に私はいかに対処したか
  • 1996年、日本の「慰安婦問題」反論文はなぜ封印されたか

新潮45 2017年5月号 
2017/4/18発売

ネット書店で購入する

 今年5月に起きた東京大学生による集団わいせつ事件で、10月25日、起訴された最後の一人、松本昂樹に対する判決が言い渡された。懲役2年の求刑に対し、判決は懲役1年10月、執行猶予3年というものだった。
 松見謙佑、河本泰知の2人は9月20日に判決公判があり、それぞれ懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡されている。

...

記事全文を読む

  • 新潮45
  • 2016年10月26日 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事