妻の浮気を異常に疑う男にとんでもない展開が待ち受けていた 家裁調査官がつきとめた真実

ライフ 2016年7月15日掲載

 本来、家庭は安らぎの場であるべきだが、実際には家族のせいで、気持ちが休まらない人が増えているという。それどころか、家族の人間関係がこじれたせいで、妻や夫、子どもの人格が変わってしまったと悩んでいる人も珍しくないのだ。

 急な変化には注意が必要と語るのは、長く家庭裁判所調査官を務めた村尾泰弘・立正大学教授だ。

 家裁調査官とは、家裁に持ち込まれる事件の調査・解決にあたるエキスパート。家庭裁判所は「家族問題のるつぼ」だけに、扱う事件は実に多種多様だ。

 村尾氏が扱った中で、夫が急激に嫉妬深くなった事例を見てみよう。

...

記事全文を読む