相撲協会「八角理事長」の狡猾なやり口に「貴乃花理事」が怒った!

スポーツ週刊新潮 2016年2月4日号掲載

 北の湖前理事長の急逝後、理事長代行を務めていた八角親方が正式に理事長に就任したのは昨年12月18日のことだった。が、その決定にあたっての理事会では、“新理事長が八角親方でいいか”との表決が行われない、強引な手法がとられていた。「理事長就任希望者をきちんと募っていれば、貴乃花親方も手を挙げていたはず」(事情を知る親方)。さらに八角理事長は、前理事長の遺言を無視する形で、九重親方と結託。これも貴乃花理事にとって、決して許すことの出来ない所業だった。

 2人の対立が激化したワケは、

...

記事全文を読む