不倫妻が育った家庭環境と“コスプレの逢瀬” [股間枝切り鋏事件]

社会週刊新潮 2015年12月10日号掲載

 元プロボクサーで慶応大法科大学院生だった小番一騎(こつがいいっき)被告(25)が、国際弁護士の股間を切断した“枝切り鋏事件”は世間の耳目を集めた。さる11月26日に開かれた第2回公判では、小番の妻で弁護士と不倫関係にあった女性(26)を含めた三者の関係が赤裸々に明かされることとなった。

 ***

 公判で読み上げられた冒頭陳述にて「A」とされたこの女性について、

「彼女の親族にはクリスチャンが多く、それに加えて裕福なファミリーです」

 と解説するのは、彼らをよく知る人物のひとりだ。

...

記事全文を読む