デイリー新潮

社会

伝説の相場師「加藤アキラ」が最後にすがった高級エステと十一面観音

現在発売中

週刊新潮 2017年6月1日号 
2017/5/25発売

ネット書店で購入する

 坂本龍馬しかり、風雲児と呼ばれた人の末路は、哀れなことが多い。「兜町の風雲児」として鳴らした加藤アキラ(74)もまたしかり。病魔にも侵されながら、最後にすがったのは、高級エステと十一面観音だった。

 ホテルオークラにある高級エステサロンに、加藤夫妻が初めて現れたのは、一昨年の秋口だった。

「ご夫妻で週に3回ほどいらして、毎月100万円ほど使っていただいたでしょうか。

...

記事全文を読む

  • 週刊新潮
  • 2015年12月3日号 掲載
  • ※この記事の内容は掲載当時のものです

この記事の関連記事