オバマ大統領を広島に! 県民の願いを込めた1400通の手紙がホワイトハウスに届いた

社会新潮45 2015年12月号掲載

 オバマ米大統領の広島訪問を願う県民の活動が話題となっている。

 広島テレビが集めた広島県民1400名分の手紙が、今年9月広島テレビ社長の三山秀昭氏により米国国家安全保障会議の高官に手渡された。1400通の手紙は来年5月の伊勢志摩サミットの際、大統領に広島訪問を熱望する内容だ。三山氏は訪米の際の様子を「新潮45 12月号」(11月18発売)に掲載された「オバマ大統領、ヒロシマはあなたを待っています」と題した記事のなかで詳述している。

■謝罪ための訪問要請ではない

...

記事全文を読む