53年ぶり国産機「MRJ」最大のライバルはブラジル

IT・科学週刊新潮 2015年11月26日雪待月増大号掲載

 下町の零細企業が、財閥系巨大企業に立ち向かう。そんなストーリーの『下町ロケット』が、多くのサラリーマンから共感を得ている。が、航空産業界に目を転じると、小説で“敵役”と思しき三菱重工はおろか、子会社の三菱航空機も下町の工場に過ぎないというのだ。

〈伝説の戦闘機・零戦を開発した三菱が航空市場に新規参入〉

 ニューヨーク・タイムズ、フィナンシャル・タイムズ、新華社通信など世界中のメディアは11月11日、国産初のジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)のデビューを大々的に報じた。

...

記事全文を読む