「東芝元社長」ら戦犯5人への請求額3億円に“安すぎる”の批判が出るワケ

企業・業界週刊新潮 2015年11月19日号掲載

 財界総理を出した名門企業も、すっかり形無しである。不正会計問題で大揺れの東芝は歴代社長を含む戦犯5人に対し、損害賠償を求める提訴に踏み切った。ところが、請求額は、たったの3億円で……。

 ***

 初代財界総理と呼ばれた石坂泰三、“行革の鬼”として知られる土光敏夫ら勇名を轟かせたかつてのトップの顔に、泥を塗るような不始末を仕出かしたのは間違いない。創業140年を迎えた今年、東芝は不正会計問題で会社に損害を与えたとして、歴代社長3人と当時の最高財務責任者(CFO)の元副社長2人に対し、3億円の損害賠償を求める訴訟を起こした。

...

記事全文を読む