あなたのマンション「杭打ち」工事はこんなにデタラメ

社会週刊新潮 2015年11月5日号掲載

「杭打ち偽装」をやっていた人物は他にも41件の工事に関わっていた。横浜の欠陥マンションから始まった杭打ち偽装問題はどこまで広がるのだろうか。販売元の三井不動産が補償の決着を急ぐなか、デタラメ工事の「闇」は手つかずのままである。

 ***

「建て直すにしろ、買い取ってもらうにしろ、決まったら出て行かなくてはなりません。ここでずっと暮らすつもりだったから家具が多くて……今日も朝から荷造りですよ」

 杭打ち偽装が発覚した『パークシティLaLa横浜』、その中央棟に住む住人は、諦め顔でそう話す。

...

記事全文を読む