CS敗退 阪神「金本」新監督までの心理戦

野球週刊新潮 2015年10月22日号 掲載

 すったもんだの末にCSファーストステージに進出したものの、1勝2敗で巨人に屈して今季を終えた阪神タイガース。場外で同時進行していた来季監督人事の暗闘も、すったもんだの連続といえるかもしれない。

「結局、集客を重視した本社の意向で、“アニキ”に落ち着きましたが……」

 と、在阪スポーツ紙デスクが解説する。“アニキ”とは勿論、連続試合フルイニング出場世界記録保持者の金本知憲氏(47)のことだ。

「阪神は昨季も監督就任を打診しましたが、アニキは“もう1年遊ばせて”と固辞。

...

記事全文を読む