「創価学会」信者の祖父を「幸福の科学」信者の孫が殺害した河口湖事件

社会週刊新潮 2015年10月15日神無月増大号掲載

 暗闇の中で血塗れの包丁を握り締め、激しい動悸に襲われながら、少年は何かを祈ったのだろうか。信仰心の厚い家族の間で起きた凄惨な事件。実は、犯行の動機にも“宗教”の影が取り沙汰されているのだ。

 ***

 発見された老夫婦の遺体の状態からは、凄まじいまでの殺意が窺えたという。

 ホテルや旅館が軒を連ねる、河口湖畔に近い住宅街。その一角にある木造一軒家で9月27日、三代益夫さん(83)と、妻のセツ子さん(81)が変わり果てた姿で見つかった。山梨県警担当の記者によれば、

...

記事全文を読む