ビットコイン「逮捕社長」が600万円天蓋付きベッドを買った黒い理由

IT・科学週刊新潮 2015年10月8日号掲載

 金は良き僕(しもべ)であり、悪しき主人でもある――。とは、“あくまでも金は有意義に使うべきで、儲け話のために自分を見失うな”と戒めるフランスの格言だ。翻って、彼の国出身の外国人社長はどうか。ビットコインでひと儲けしたものの、現在は司直の沙汰を待つ身。しかも、高級ベッドに寝そべる“御主人様”としての素顔まで暴かれていた。

 ***

 昨春、世界最大級の仮想通貨取引所を運営するマウントゴックス社が経営破綻し、一気に消し飛んでしまった感のある“ビットコイン”ブーム。

...

記事全文を読む