リーグ独走V「工藤公康監督」を助けた“陰の功労者”

野球週刊新潮 2015年9月24日菊咲月増大号掲載

 おめでとう! この号が発売される頃にはたぶん優勝を決めているでしょう、ソフトバンクホークス諸君。

 昨年度日本一に輝いた圧倒的戦力を引き継いだのは、監督経験ゼロだった工藤公康監督(52)。

「“誰が監督をやっても優勝できる”なんて言われてますけど、工藤監督が偉かったのは、“何もしなかった”ところです」

 と、スポーツ紙デスクが意地悪な賛辞を贈る。

「選手起用も采配も平凡で、新監督にありがちな、独自色を打ち出すようなことが皆無でした。秋山監督時代と変わったところといえば、柳田を1番から3番にしたことくらいですかね」

...

記事全文を読む