24時間テレビ「DAIGO」の横のプロ伴走者が建てた2億円豪邸

芸能週刊新潮 2015年9月3号掲載

 箱根山の噴火警戒レベルの引き上げにより、温泉客の足が遠のいている神奈川県箱根町。その一角では、「2億円」の豪邸が話題になっている。家主は坂本雄次(67)という人物。1992年から日テレの『24時間テレビ』のマラソン企画に携わり、8月22~23日の放送でも100キロを走破した歌手のDAIGO(37)を隣で支えた“プロ伴走者”である。

 ***

「ここらで一番大きな家だと思いますよ。温泉も源泉から引いているそうです」

 近所の主婦が言う通り、とにかく敷地は広大だ。

...

記事全文を読む