万博「ミラノ」の街娼に「蛍光ベスト」着用命令

国際週刊新潮 2015年9月3号掲載

 南欧最大、人口500万超の都市圏を誇るイタリア・ミラノのとある一画。夜の帳(とばり)も下りる頃、大通りの道端で、ナマ足にハイヒール、超ミニスカート姿を並べて車を待つは世界最古の職業をなりわいとする女性たち。ほの暗い灯りの下に立つ彼女たちを、男たちは車のライトを頼りに選び出し、助手席に乗せると、いざ宵闇へと消えてゆく……。

「イタリアでは売春宿や売春の斡旋は違法なので、売春婦は個人営業なのです」

 とは、イタリア在住の女性ジャーナリスト。

「電話やインターネットで“営業”しない女性は通りで客を待つため、街娼を至るところで目にします。

...

記事全文を読む