【詐欺師の素顔】「戦闘機パイロットのクヒオ大佐」を信じさせた結婚詐欺師の道化人生

社会週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

「自」「黒」「赤」「青」という具合に、詐欺の種類は色分けされる。恋愛感情につけこんで金銭を騙し取る手法は「赤詐欺」で、1970年代から自らを米軍所属の「戦闘機パイロットのクヒオ大佐」と称した結婚詐欺師が世間を賑わせた。独特の舞台設定と小道具を武器に、複数の女性を弄んだ男の道化人生――。

 ***

「私は横田基地の大佐で、イギリス情報部から米海軍に派遣されている戦闘機のパイロットです。名前は、ジョナ・クヒオと言います」

 身長160センチと小柄ながら、髪の毛は金色に染め上げられ、鼻は西洋人に似るように整形手術を施し異様なまでに高い。

...

記事全文を読む