4年半ぶりに決まった「雅子妃の女官長」のお役目

社会週刊新潮 2015年8月13・20日夏季特大号 掲載

 4年半という空白の時間にピリオドが打たれた。

 皇太子妃に仕える東宮女官長。長きにわたり不在という異例の状態が続いていたが、7月31日の閣議で西宮幸子氏(58)の就任が決定されたのである。

 女官長は雅子さまに仕える側近で、国内外のご公務に付き添う渉外役を担う。採用にあたり大事な条件があると話すのは、皇室ジャーナリストの神田秀一氏だ。

「昼夜を問わず妃殿下に一心同体でお仕えするため、私生活に負担がないよう、これまでも独身女性が選ばれてきました」

 前任の木幡(こわた)清子氏も、シリア大使を務めた木幡昭七氏の未亡人。

...

記事全文を読む