【新国立競技場問題】「舛添都知事」の集中攻撃を浴び続けた「下村文科相」

政治週刊新潮 2015年7月30日号掲載

 頭の回転は抜群なだけに、この人を敵に回すと面倒臭い。「憲法理解している?」「当事者意識がない」……。五輪を巡り、舛添要一・都知事(66)に延々と噛み付かれているのが、下村博文・文科相(61)である。

 ***

〈文科省は、無能力・無責任で、失敗の最大の原因〉

〈文科省に仕事をさせれば、また失敗する〉

 7月20日の舛添都知事のブログである。

「文科省」と記してはいるが、批判の矛先が向けられているのは、下村大臣その人であろう。それほど2人のさや当ては激しかった。

...

記事全文を読む