調布「小型機」墜落“不運すぎる”確率と補償

社会週刊新潮 2015年8月6日通巻3000号記念特大号掲載

 穏やかな休日は、突如として舞い降りてきた死神によって地獄絵図と化した。

 7月26日、東京・調布飛行場を離陸した小型機は、直後に住宅地へ墜落。機長と搭乗者の他、全焼した民家に母親と暮らす鈴木希望(のぞみ)さん(34)の計3名が帰らぬ人となったのである。

「高性能化が進む航空機が住宅地に墜(お)ちる確率は極めて低く、とても数値化できるものではありません」

 と言うのは、航空アナリストの杉浦一機氏。国が1974年に統計を取り始めてから、航空機が地上の人間を巻き添えにした死亡事故はなく、ケガ人が生じた例も01年を最後に途絶えていた。

...

記事全文を読む