それでもギリシャが世界一“オナシスの末裔たち”

国際週刊新潮 2015年7月23日号 掲載

 政府にゃ返すお金がナイ、輸出産業がほとんどナイ、古代文明の遺跡ぐらいしかナイ……とナイナイづくしのギリシャだが、世界一を誇れるものがひとつある。それは、海運業だ。

 UNCTAD(国連貿易開発会議)の集計によれば、ギリシャ人が実質的なオーナーの船舶保有量は積載量ベースで約2億8300万トンで、約2億3600万トンの日本を抑えて世界トップなのである。

「ギリシャの海運業は、荷物を運んで運賃を徴収したり、世界各国の海運会社と用船契約をして船を貸しだす船主業だったり、中古船舶の売買などがメインです」(日本海事センターの佐藤量介・専門調査員)

...

記事全文を読む