問題は大借金だけではない「松野頼久」維新の党代表の悲しい日和見体質

政治週刊新潮 2015年7月16日号 掲載

 優柔不断で決断力もなければ、リーダーとしての資質が問われる。維新の党の松野頼久代表(54)は、日和見体質が露呈し、「安保法案」や「代表選」に対する軸足がフラフラと定まらない。大借金の問題も抱え、これでは組織のトップとして失格の烙印を押されても、仕方ないのではないか。

 ***

 7月3日、維新の党は国会内で、両院議員懇談会を開いた。

「部屋に入ると、テーブルの上にペーパーが置いてありました。でも、手に取ろうとすると、事務スタッフに回収されてしまった。

...

記事全文を読む