セ2冠「畠山和洋」が不出場の“ヘンな球宴”ウラ事情

野球週刊新潮 2015年7月16日号 掲載

 これで「オールスター」などとよくも言えたものだ。

 目下、本塁打王と打点王の2冠を戴くヤクルトの畠山和洋一塁手(32)が出場しないというのだから。

「原因は今季、捕手から一塁手にコンバートされた巨人・阿部慎之助(36)です」

 と全国紙デスクが明かす。

 まずは、今月17、18日に開催されるオールスターの一塁手枠がどうなったか確認しておこう。

 ファン投票では、阪神から古巣の広島に出戻った新井貴浩が選ばれた。リーグトップの得点圏打率4割とはいえ、“カープブーム”に乗った感は否めない。

...

記事全文を読む