【安保法制】役に立つ寝業師がいないから自分で動く軍師「菅官房長官」

政治週刊新潮 2015年6月18日号掲載

 劉備には諸葛亮孔明、豊臣秀吉には黒田官兵衛がいたように、安倍総理は菅義偉官房長官に支えられている。2人が後世にも残る名コンビかどうかはともかく、政府与党の失態が続き、安保法制への世論の反発が強まるなか、菅氏の双肩にはいつにも増して重い負担が圧(の)し掛かっている。彼はこの難局を乗り越え、主君を守りきることができるのか。

 ***

 6月8日、安倍内閣の支持率が前回より5ポイント下がって53%になったとの読売新聞の世論調査結果を知った菅氏は記者団に、

...

記事全文を読む