投資信託で利益を見込める「3つの方法」

ビジネス週刊新潮 2015年5月28日号掲載

 投資信託の純資産総額が増えている。投資信託協会のデータによれば、今年4月末時点での、公募投信の純資産総額は約99兆円。前月末から約2兆1000億円増、前年同月比2割増となっている。

「この1年ほどで日経平均株価が約4割上がったことで、国内株式を組み入れた投信が大きな運用益を上げた。一方、対ドルの円相場は約2割下落したため、外貨建て資産の投信も儲かっており、資産総額を押し上げています」(経済部記者)

 もちろん、市場が活性化していくに伴い、個人マネーがどんどん流入している面もある。

...

記事全文を読む