7人の子持ち「橋下徹」大阪市長 復帰の前途が暗い「訴訟の山」

政治週刊新潮 2015年5月28日号掲載

 橋下市長が7人の子を持つ“ビッグダディ”であることはよく知られている。ゆえに、市長の職を辞した後は休養期間を設けて疲れを癒し――というわけにはいかず、すぐさま弁護士としてバリバリ稼がねばならない。そんな彼の前に立ちはだかるのが、大阪府知事、大阪市長時代に抱え込んだ「訴訟の山」で……。

 ***

 橋下市長は分かっているだけでも8案件の訴訟を抱えている。同じ案件で複数の訴訟が起きているケースもあるから、抱えた訴訟件数は10件を超える。中でも“最新”のものが、平松邦夫・前大阪市長が橋下市長の発言で名誉を傷つけられたとして起こした損害賠償訴訟である。

...

記事全文を読む