“被本塁打”1本でクビになった「藤川球児」

野球週刊新潮 2015年5月28日号掲載

 今季からテキサス・レンジャーズに移籍した元阪神・藤川球児投手(34)が戦力外通告を受けた。

 阪神でFAを取得後、2年総額950万ドル(当時約7億8000万円)でシカゴ・カブスと契約したのが2012年末。だが、13年開幕早々に故障してしまい、肘を手術。翌14年シーズン終盤に戦線復帰したが、敗戦処理で13イニング投げただけで契約満了。そして昨オフ、レンジャーズと年俸100万ドル(約1億2000万円)で契約していた。

 ところが、今季も故障で出遅れてしまい、5月14日にようやく1軍に昇格。

...

記事全文を読む