炭水化物は人類を滅ぼさない/『私たちは今でも進化しているのか?』

IT・科学

 炭水化物をいっさい摂らない、という健康法が結構はやっている。血糖値は即座に下がり、ダイエット効果もテキメンという触れ込みだが、生兵法を危険視する専門家の意見も聞こえないではない。淵源はアメリカにおける「パレオファンタジー」ブームという。

 パレオは「パレオリシック」のように使われ、パレオファンタジーは「旧石器時代への幻想」。人類は四、五百万年前に出現して以来、九十九%の期間を狩猟と採集とで過ごしてきた。いつも空腹加減、定住して炭水化物の大量摂取を始めたのは、農耕が開始されたたかだか一万年前のことにすぎない。

...

記事全文を読む