局内では腫れ物扱いなのに 日テレ「内定取り消しアナ」が見せた胆力

芸能週刊新潮 2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号掲載

 タレント化が指摘されて久しい女子アナの世界。見目麗しい新人アナはアイドル並みにチヤホヤされるが、今春のニューフェイスの中で、最注目の存在が、例の女性であることに異論を挟む余地はあるまい。学生時代のホステスバイト歴で日テレに一度は内定を取り消されながら、裁判まで起こして逆転入社を果たした笹崎里菜アナ(23)である。

 ***

 彼女は一体、どの番組でデビューするのか。女子アナファンならずとも、気になるところだが、当の日テレは目下、腫れ物に触るような扱いで、“笹崎シフト”を敷いているという。

...

記事全文を読む