大統領「ヒラリー」なら日本の「最強ライン」は

国際週刊新潮 2015年4月23日号掲載

 お堅い“バラク”が交代した暁には、かつての“ロン”のような親密さを見せて欲しいもの。

 この程、来年の米大統領選に満を持して出馬表明したヒラリー・クリントン元国務長官(67)は、

「予備選での勝利は堅く、共和党の候補の中で最も支持率の高いジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事にも、世論調査で10ポイント以上の差をつけている」(ワシントン特派員)

 と言うが、彼女が大統領なら、日本の政界に“ホットライン”はあるのか。

 まず、“長さ”を誇っているのが自民党の中曽根弘文元外務大臣で、

...

記事全文を読む