騒動必至の「トム・クルーズ」ドキュメント

芸能週刊新潮 2015年4月9日号掲載

 トム・クルーズ(52)が熱心な信者として知られる新興宗教「サイエントロジー」を追ったドキュメンタリー『ゴーイング・クリア』が米時間3月29日夜に放送され、話題を呼んでいる。元幹部ら脱会者の証言に基づく作品で、かねてより噂されていた“トムとニコール・キッドマン(47)の離婚原因はサイエントロジー”説を裏付ける内容が含まれているらしく、

「なんでも、ニコールの父が心理学者であることを理由に、精神医学を敵対視する教団が2人を別れさせたがっていたというのです。トムとの間に迎えた2人の養子を、母親を嫌うように洗脳した、なんてことまで暴露されました。

...

記事全文を読む